くもんの先取り学習のデメリットとメリットは?自宅でのタイミングと方法も徹底調査!

学習くもん

先取り学習と言えば、くもんが有名です。

先取りしなくても今の勉強を一生懸命理解していくのが大事と思っていたので、先取り学習の必要性って深く考えていなかったんです。

でも、意外にも先取り学習ってメリットが多いので今回はご紹介していきます。

また、自宅で先取り学習するタイミングと効果的な方法も徹底調査していますので、先取り学習に興味があれば参考にしてくださいね。

この記事を読むとわかること

・くもん先取り学習のデメリットとメリット

・自宅で先取り学習するタイミングと方法

 

くもんの先取り学習って意味あるの?

学習

くもんの先取り学習の必要性ですが、結論を先に言わせてもらうと、ちゃんと意味がありました。

というか、くもん以外でも先取り学習には意味があったんです。

先取りと聞いて、今の勉強も完璧じゃないのに先に進んでどうすんだと思っていたんですよね。

でも、実際に何学年も先取りできる子ってあまりいないみたいで、学年が上がるにつれて勉強って難しくなっていくのが一般的。

それでも先取りできている子ってやっぱり素直に頭のいい子だとおもいます。

ただ、何学年も進んでいるといざと言う時に【学習したことが役に立たない】ということもあるようなんですね。

そんな子は、うまく定着できていなかったことが原因だとおもいます。

問題の意味が定着できていれは、仮に忘れてしまっても簡単に思いだすことができるんです。

なので、先取り学習する時のポイントはしっかりと定着できていることが前提になりますね。

では、くもんの先取り学習はしっかりと定着できるのでしょうか?

デメリットやメリットについてもみてみましょう。

くもんの先取り学習のメリットは?

授業が簡単になる

勉強が苦手と感じる原因は「授業についていけない」ことにあります。

先生の言っていることが理解できないからなんですよね。

なのに、先生に詳しく聞けないから理解できないまま勉強についていけない。

それを解決するのが先取り学習です。

先取り学習をしておけば、先に授業を理解するので授業におくれが出ることが少なくなります。

気持ちに余裕ができる

問題の意味が分かれば、テストでも良い点数を取れるので、やる気がどんどん出てくるようになります。

気持ちに余裕がある状態で勉強していくので、子供はどんどん吸収していくことになります。

勉強って楽しいと思ってもらえると、自信もでるしやる気もアップします。

算数の計算ミスとスピードがアップ!

くもんの算数は計算に特化した問題が主です。

計算問題ばかり解いていくので計算でのミスが少ないんですね。

ひっ算でも計算ミスって意外と多いので数をこなしてミスを少なくするのはとてもいい学習方法だとおもいます。

また、計算スピードがかなり上がります。

これは計算ばかりしているので必然的ですよね。

質と量の絶妙な使い方

先取りに必要なのは問題の質と、定着です。

くもんは、宿題が多いと言われていますが解き方を定着するにはたくさんの問題に向き合う必要があります。

似たような問題を何度も何度も解いていくことで定着(自分のもの)していくのです。

そして、しっかりと定着すれば次へ進めることができるんです。

くもんの先取り学習のデメリットは?

先取り学習を忘れてしまう

先取り学習のデメリットで一番心配なのが忘れてしまうことです。

せっかく頑張って先取したのにいざと言う時に全く役に立たなかったとなれば先取りの意味がありませんね。

実は、理由は先取り学習がしっかり定着できてなかったという単純なものです。

授業を聞かなくなる

先取り学習をすると、学校の授業を聞かなくなったり態度が悪くなったりと良くない影響があるという声もあります。

クラスの生徒をバカにしたりするという話もありますが、そもそも馬鹿にする子はそこまで先取りは出来ていないとおもいます。

仮に先取りができていても、そのうち追いつかれそう…。

何学年も先取り出来ている子は、やる気があって頑張り屋さんだから先取りができるのであって、授業もしっかり復習感覚で勉強しているとおもいます。

プリントの量が負担になる

くもんはプリントの枚数が多いことで定着を深めていますが、その量が負担と思っている子も少なくないようです。

くもんの宿題は、平均で5枚程度こなしている子が多いようですが、問題が難しくなってくるとやる気がなくなってしまうこともあります。

 

SNSでは、先取りについてどう思っているのかも調査してみました。

くもんの先取り学習に対するSNSの声は?





ちゃんと定着できているのかを親の目で確かめることも大事ですね。

くもんを先取り学習するタイミングは?

くもんで先取り学習するタイミングは【小学校の低学年の時期まで】がおすすめです。

理由は、勉強が簡単な低学年の時期の方が時間や気持ちに余裕があるからです。

勉強が難しくなってくると、先取りしていくのがなかなか難しくなっていくので、もしあなたから見て、子供の勉強に余裕を感じたら先取り学習に手をつけるべきです!

ただ、ここで間違えやすいのが、子供のレベル以上に難しい問題をやらせてしまうことなんです。

先取り学習の正しい方法は?

例えば、子供が小学1年生だとしたら、いきなり2年生の問題に進んでしまうことです。

実は私がそうで、特に算数は、1年生の計算ができるから2年生の問題をついついさせたがってしまうんです。

でもこの先取り学習は、逆効果で難しくて解けない問題をダラダラと解かせていると、子供はやる気をなくしていきますから、何も身につかなくなってしまうんです。

これでは集中力もなくなり、逆効果ですよね。

これは、いきなり難しい問題をやらせすぎていることが原因です。

なので、正しい先取り学習の方法は、今まで解けていた問題より少し難しい問題を解かせてすこしづつレベルアップしていくことです。

なので私の場合は、いきなり2年生へいくのではなくて1年生の問題を網羅する気持ちでいろんな1年生の問題を解かせた方が良かったということなんです。

大事なのは、定着とレベルアップを繰り返すことです。

もし仮にステップアップした問題に子供が集中できていないとなれば、問題が難しいのかもしれないので、レベルを下げてみてください。

くもん以外で先取り学習できる教材は?

先取り学習ができる教材は書店の教材でも良いですが、通信教材でも先取り学習はできます。

どの教材が良いかは、お子さんによりますが、通信教材ってそれでなくても教材が溜まりがちになるので、いきなり難しい問題で余計にならなくなってしまうと思うんです。

できれば、教科書ベースの問題が多い教材を選ぶと子供も取り組みやすいはずです。

教科書準拠の教材は?

  • ポピー
  • スマイルゼミ
  • 進研ゼミ

この3つが通信教材の中でも評判が良いですね。

どの教材も無料で資料請求できるので子供にお試しさせてみるといいです。

 



くもん先取り学習のまとめ

今回は、くもんの先取り学習のデメリットとメリットをご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

■関連記事■



コメント

タイトルとURLをコピーしました