学研の全国共通テストの難易度は?対策は偏差値の平均も徹底調査!

ブンブンどりむ 読解力学研

2021年2月に学研教室で行われる全国共通テストをうけてきた体験談をまとめています。

全国共通テストは学研教室に通っていない子も受けることができるので試しに受けてみたいと思う親や子供は多いと思います。

学研教室の全国共通テストの問題難易度や平均点などもまとめてご紹介していますので参考にしてください。

☆『ブンブンどりむ』は作文を郵送して先生に添削してもらう教材です。今ならお得に2カ月体験できます。

ブンブンどりむ

作文添削でおなじみのブンブンどりむで読解力が身につきます。今ならめんどくさい解約手続きなしで読解力のコツがわかるから今すぐに試したい!

もちろん無料体験教材ももらえます☆

 ⇒読解力が身につくブンブンどりむをチェック!!

学研の全国共通テストの難易度は高い?

学研教室の全国共通テストを受けてみて、結論を先に言うと、『学の全国共通テストの難易度はやや高め』レベルです。

普段学校のテストで満点を取れているならば、特に対策をしなくても全国共通テストで平均点以上の点数はとれると思って大丈夫です。

それと、学研の問題は問題文が多いので、きちんと問題を読めることも必要です。

平均点をとるには『読解力』が必要と感じました。

学研の全国共通テストの問題レベルは?

学研の全国共通テストで出題される問題のレベルは学校で習っていることの応用編になります。

学研の全国共通テストは対策が必要?

学研教室のテストに関しては特別、対策は必要ないかと思います。

自宅で家庭学習しているレベルでもそれなりに点はとれると思います。

算数に関しては文章問題で自分で式にして計算できれば問題ないでしょう。

国語に関しても基礎ができること。

それと一番大事なのは問題の意味を理解することが何よりも大事です。

読解力のあるなしが必要になりそうです。

学研の全国共通テストで気をつける事は?

単純ミスをしない

算数なら基本の計算問題のミスをなくす。

国語なら漢字の読み書きの間違いをしない。

など、単純な問題でつまづくことがないようにしたいです。

文章問題など難しくなってくると、なかなか点をとることは難しくなりそうです。

単純ミスをしないようにですね。

問題をきちんと読む

意外と問題を良く読んでいない子が多い気がします。

わが家の子供もそうですが、「意味わかんない」と聞いてきます。

私が問題を読んでる途中に「分かった!」ということが多いところをみると読んでいないんですよね。

文章問題に多いですが、何を求めているのかを理解していないということです。

読解力を身に着けるためには本を声に出して読むことがいいと言われていますね。

ひとつずつ頭で整理するなり、紙に書くようにして考えるくせをつけた方がよさそうです。

時間内に解くことが大事

全国共通テストは制限時間内にできれば全問終わらせたいところです。

文章問題が苦手は子は早く問題を解けるかが大事になります。

1教科が40分ですが、計算や文章問題の1問に時間を取られないように時間配分を心がけたいですね。

出来ない問題を必死に解くのではなくて、出来る問題から攻めていく。

少しでも考えて分からないとなれば次に進み、一通りの問題に目を通すぐらいのペースで挑めるような心構えが必要です。

学研の全国共通テストの偏差値の平均は?

全国共通テストの偏差値を調べてみると、無料なのでいろんな子が受けるという所がポイントのようです。

  • 中学受験するレベルの高い子ばかりが受けるテスト
  • 中学を受験しないから対策をしていない子も一緒に受けるテスト

誰でも受けるテストと考えると、おのずと偏差値にズレがありますよね。

偏差値の見方はテストの平均点で偏差値50になりますから、平均点以上をとれていればそこそこいい偏差値ということになります。

  • 偏差値60以上は、学校の授業に十分ついていけてると判断していいレベル。
  • 偏差値40台は基礎的な学力をもう少し上げたいレベル。
  • 偏差値50台は可もなく不可もなくというレベル。

何を基本軸にするかになりますが、中学受験するのかしないのかによって安心していいレベルの偏差値なのか変わってくるでしょう。

出来る子には簡単なテストでしょうが、わが家は中学受験を考えていないので、「まずは己の学力を知れ」という所から入っているので偏差値40とかあり得そうで怖いです(学力をもう少し上げたいレベル笑)

最近、ドラゴン桜2の勉強法がストンを腑に落ちてから勉強に燃えています。(私が)

「東大で何がしたいかではなく、東大へ入ってから考える」は名言ですね。

全国統一小学生テストで偏差値が60あればまずは学校での授業にしっかりついていけているし、理解もできているので安心レベルです。

☆『ブンブンどりむ』は作文を郵送して先生に添削してもらう教材です。今ならお得に2カ月体験できます。

ブンブンどりむ

作文添削でおなじみのブンブンどりむで読解力が身につきます。今ならめんどくさい解約手続きなしで読解力のコツがわかるから今すぐに試したい!

もちろん無料体験教材ももらえます☆

⇒読解力が身につくブンブンどりむをチェック!!

学研の全国共通テストの難易度は?まとめ

とにかくできる対策と子供たちにテストを受ける心構えをさせるのがまず最初ですね。

テストの点数が悪くても、受験のように緊張感をもてたことがいい経験だと私は思っているので毎年受けさせたいなと思っています。

願わくば、点数が悪くて悔しい気持ちを持ってもらえるとテストをうけた意味があったのかなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

▼関連記事▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました