公文の先取りその後の効果は?忘れることはないのかも調査!

公文教育

公文教室って、3学年先取りとか小学生で中学校の課程を修了したとか、そんな話を聞きませんか?

凄い!と思う反面、その子ってその後将来どうなったのか気になりますよね。

そんなに早く習得しても忘れそうですけど、やっぱり先取りっていいもんなんでしょうか。

と、いう事で今回は公文の先取りその後はどうなったのか?

効果や忘れないのかについてご紹介します。

☆2歳~中学3年生まで『無料体験』教材・見本がポピーでもらえます!

ポピー

兄弟全員分が¥0円でもらえるから、貰わないと絶対損なんです!!

ポピーならしつこい勧誘もないから安心して無料請求して大丈夫です☆

⇒ポピーの無料体験はこちらからチェックできます

公文の先取りでその後どうなった?

公文で何学年も先取りしている話を聞くと「凄い」と思いますよね!

でも、結論から先に言うと、先取りしているからといって特別成績がいいというわけではないんです。

先取りした一部の子のその後はもちろん、有名大学に入学している子もいます。

小学校入学前には国数とも中学教材まで先取り。

一次方程式が面白い!優秀児上位者大会にも招待された。

小六で高校数学を先取りしていた。

余裕で開成に合格。

当然この子たちは、光り輝く人生を歩んでいると思います。

『就職先は外資系のお仕事』に就いたなんて方もいます。

公文を先取りで学習することで、あたまがいい子もいますが、小学生で高校教材やってても、できる子もいればできない子もいます。

確かに計算は早いかもしれませんが、勉強ができるのとはまた別なんです。

では、公文の先取りをしても意味がないのかといいますと、そうではありません。

先取をするといいこともたくさんありますよね。

でも、公文の先取りでレベルの高い高校や大学に合格できるかというと、2~3年程度の先取では物足りないようです。

小学生で高校生の問題をやるぐらいの子が良い大学や高校へ合格しているようです。

公文の先取りは効果あるの?

公文も先取りの効果ですが、本人が楽しく勉強できるからから先取りができるという部分が大きいようです。

楽しく学習できないなら、先取りはできないでしょうから、そう考えると先取りは効果的と感じます。

しかし、先取りができているから必ずいいというわけではなくて、本人の頑張り次第ということです。

受験もその課目だけでないと思うので、早期教育できてるからいい大学に入れるとか有名企業に入れるとは違うような気がします。

先取りができているからと、安心していると学力は他の人と同じになりますし、その後も地道な努力が必要。

そう考えると、先取りしていてもしていなくてもあまり関係ない気もしますが、結局のところ公文の先取って必要なのでしょうか?

公文の先取は必要か?

公文の先取り学習は、『浅く広く』勉強をしている可能性が高いといいます。

公文でかなり先取りしているから安心していると、学年が上がるにつれて回りのみんなと同じレベルになっていたということはよくあるんです。

公文は確かに計算問題では力が付きますが、応用問題には不向きです。

その為、結構学習に穴が開いていることがあるといいます。

入試レベルの応用問題には対応できないという声もあるぐらいです。

ですから、大事なのは公文での先取りを活用することです。

先取り学習をしていることに満足しないで、さらにレベルの高い問題に取り組むなど常に勉強しなければすぐに学力はみんなと同じレベルになるでしょう。

公文は、あくまで今習っていることが十分習得できていて、 更に先の勉強をしたいというやる気のある子が先取り学習をする場です。

それを勘違いして、他の子よりも先のことをやっていると優越感に浸り、 周りの子を馬鹿にするような行動をとっていたら いずれどこかでつまずいてしまうと思います。

先取りはけして悪いことではないです。

予習程度に考えたい親はほっといてもいいでしょうが、中学受験を考えている親は先取りをしている時ほど気をつけて子供の様子を見ていた方がよさそうですね!

公文は先取りできることがメリットのように言われていますが、他にもメリットがありますのでご紹介します。

公文のメリットは何?

公文のメリットはいくつかあります。

無学年式なので自分次第で好きなだけ学習を進められます。

これが先取りにつながりますね。

学校でこれから習うことを自分が先に知っていたら、その子の自信につながります。

勉強が楽しくなってさらに学習の意欲もわいてきますよね。

他にも、計算に強くなるので頭の回転が速い子になります。

毎日の学習習慣も身につきます。

  • 無学年式なので自分次第で好きなだけ学習を進められる。
  • 先取りできる
  • 計算に強くなる
  • 毎日の学習習慣が身につく

公文の先取り学習って公文を辞めてしまえば、忘れたり先取りした学習を忘れてしまわないか気になりますね。

公文の先取りは忘れないの?

公文の先取りのし過ぎでこれまで習った勉強を忘れてしまうのではないかと心配ですね。

でも、まったく忘れてしまうということはないようです。

1つも忘れないのかというと嘘になりますが、仮に忘れていても1度時間をかけて学習しているので思い出すのに時間はかからないそうなんです。

完全に忘れることはないけれど、以前ほどは得意ではなくなったということもあるかもしれませんね。

スポーツなどは同じことを繰り返し行い体に覚えさせますよね。

しばらくやらないとルールを忘れたりはありますが、やり方を忘れることってありません。

同じように、相当覚えこませるならば忘れないでしょうが、とえりあえずの対策程度に考えているなら忘れてしまうことの方が多そうですね。

ですから、中学受験を考えている子だと、先取りした後もその先取り内容を忘れないように復習は大事ですね。

☆『子どもが毎日楽しく、計画的・能率的に家庭学習ができるようになった!』
と、満足されている方が多いポピーの教材。

ポピー教材

まずは、子供が興味を持つことができるのか、『¥0円』で試せるからかなりお得です!

兄弟全員分が¥0円でもらえるから、貰わないと絶対損ですよ!!

ポピーならしつこい勧誘もないから安心して無料体験してください☆

とりあえずもらって、他と比べてみるのがおすすめです!

⇒『ポピー無料お試し体験』に申し込む

☆これからの時代に求められるのは『書く力』
ブンブンどりむでは算数、社会、理科の教材もあるので幅広く学習できます。

\今なら無料で1~6年生のすべてのコースの教材体験キットがもらえます/

添削は月に2回なので負担も最小限に抑えることができますし、先生からのコメントがうれしかったりするんです。
お子さんは、マンガ形式の楽しいテキストなのでゲーム感覚でトレーニングできちゃうところがとってもおすすめです!
普段しかられることが多いわが子でも、作文を添削してくれる先生がほめて伸ばす方式なので我が家の子には合っていたようです。

⇒ブンブンどりむの無料体験を請求してみる!

公文の先取りその後の効果は?まとめ

公文の先取りをしていたその後の子供の人生ってみんなバラ色なのかと思っていましたが、みんながみんな成功しているようではないようですね。

どこかでつまづきながらも、学習できた人が希望の中学、高校、大学にいけているようです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

▼関連記事▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました