※本ページはプロモーションが含まれています
PR

胃カメラ鼻口どっちが楽?楽に受ける方法と対策!

内視鏡 生活
スポンサーリンク

胃カメラって苦手な人多いですよね。

私も1度胃カメラをやってトラウマになりできればやりたくない派です。

とは言っても胃の不調があれば胃カメラをやらなければいけない場合も…。

まず胃カメラには2種類あって鼻からと口から入れる方法がありますよね。

どっちが楽かというと鼻からの方が楽という人の方が圧倒的に多いと思いますが私は入らなかったんです。

最終的に胃カメラを受けることができたので今回はその時の体験をまとめてご紹介していきます。

1度目の胃カメラで辛い経験をした人は次回楽に受けられるようにいろんな場合を想定しておくといざとなった時も冷静でいられるかもしれません(笑)

是非最後まで読んでみてくださいね。

この記事でわかること
  • 胃カメラするなら鼻と口どっちが楽か
  • 胃カメラの鼻と口それぞれのメリット・デメリット
  • 胃カメラを楽に受ける方法と対策
スポンサーリンク

胃カメラ体験!鼻と口どっちが楽?

胃カメラの正式名称は【上部消化管内視鏡検査】といい、食道・胃・十二指腸までの異常をみていくんですね。

上部消化管内視鏡検査には鼻から入れる方法と、口から入れる方法の2種類がありますよね。

鼻と口どっちか楽なのかというと、鼻から内視鏡を入れた方が楽という人は多いです。

まず、内視鏡が苦手と言う人って私もそうですが、オェオェして内視鏡が入らない人が多いと思います。

これは舌の付け根にあたることで嘔吐感がおきるからなんです。

その点でいうと、鼻から内視鏡をいれると舌の付け根にあたらないので嘔吐感なくスムーズに内視鏡が入るということで胃カメラを受けるなら鼻の方が楽と言われている理由です。

ですが私は結局、鼻腔が狭くて内視鏡を入れることができなかったんです。

経鼻ができない場合もある!

両方の鼻の穴で試しましたが、両方ともダメでしたし、少し奥までいれただけで鼻血がでてしまったんです。

無理すれば入るかもしれないけどきっと相当な痛みがあると想像できる感覚でした。

先生の判断も同じで『やめておきましょう。』となりました。

そして結局、経鼻内視鏡で口からうけたんです。

経鼻内視鏡を口からいれてみた結果!

経鼻だと口からいれても嘔吐感が少ないのかというと、そんなことありませんでした(汗)

やっぱり舌にあたると嘔吐感が強くでましたし、涙が自然とポロポロ流れてきました。

「唾は飲み込まないように」と言われても無理でごっくんごっくん飲んでました。

もうこればっかりはその人によるのですが、【経口内視鏡よりは嘔吐感がまだまし】ぐらいに思っておくといいかもしれません。

ただ、喉を通過できればあとは、比較的(と言っても苦手な人はつらい)楽に胃の中をみてもらうことができました。

苦手な人は本当に無理で、中止することも多いという胃の内視鏡ですが、私は最後に先生にお褒めの言葉をもらって無事に終えることができました。

でも、できるならもうやりたくないですね。

では、実際に経鼻と経口ではそれぞれどんなメリットとデメリットがあって結果はどう変わってくるのでしょうか。

そのあたりをまとめていきますね。

スポンサーリンク

胃カメラの鼻と口それぞれのメリット・デメリット!

経鼻内視鏡

メリットデメリット
・経口内視鏡より細いから入れやすい
・舌の根に当たらないので嘔吐感がない
・経口内視鏡よりカメラが小さい
・鼻炎がある人にはつらい場合もある

経口内視鏡よりも経鼻内視鏡の方が苦痛が少ないと言われている通り、実際に経験した人の口コミでも楽だったという声が多いようです。

鼻の奥でツーンとなる人は多いようですが、嘔吐感はないので我慢できる程度なのかもしれませんね。

ただ、鼻の内部は実際にやってみないとわからないので、経鼻内視鏡が激痛で経口内視鏡の方が楽だったという人も少なからずいる気はします。

とくに女性の方で、顔の小さい人だったり、鼻が高い人は鼻腔が狭いという意見もありました。

私

自分で言うのもなんですが…私は顔が小さく、鼻が高いタイプなので両方当てはまってます。

経口内視鏡

メリットデメリット
・検査の精度が上がる・嘔吐反射が起きやすい

経鼻内視鏡より経口内視鏡の方がしっかりと検査できるのですでに症状がある場合などはきちんと発見したいので経口内視鏡の方が良いのかと思います。

ただ、多くの人が経鼻内視鏡で検査しているし、経鼻内視鏡でも昔に比べ精度も良くなってきているようです。

それでも、少しも痛いのは嫌だという人には、一番おすすめなのが、鎮静剤をつかって寝ている間でやってもらう方法です。

スポンサーリンク

胃カメラを楽に受けられる方法と対策!

鎮静剤を使う!

私も鎮静剤を使って~と希望していたのですが、鎮静剤を使うと車が運転できなかったり、休めるスペースが必要になることから鎮静剤を使っていないと言われてしまいました。

私は、口コミで鎮静剤を使ってくれると書かれていたから病院を決めたのですが、実際は使っていなかったので病院に確認してみるのが一番です。

先生の腕がいい病院を探す

胃カメラは先生の腕次第と言っても過言ではありませんよね!

私も上手な病院にしようと思って口コミを読みあさりましたよ(笑)

ホームページでは、先生の経歴を確認することもおすすめですね。

他のことを考える

内視鏡のさい中は、そのことばかり考えていると嘔吐感がでてきます。

なので私は、スコープを舌に当てないように意識して、他のことを考えていました。

鼻と口のどっちの方が呼吸がしやすいかな~?とか、

「頑張れ私!頑張れ私!」と心の中でひっしに応援していましたね(笑)

スポンサーリンク

胃カメラ鼻口どっちが楽?まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

またあそびにきてくださいね。

生活
スポンサーリンク
らびーずまなびの館
error: Content is protected !!