【遠距離恋愛】結婚までの期間平均は?今すぐ実践してほしい方法紹介!

遠距離恋愛夫婦・カップル
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

遠距離恋愛はうまくいかないといいますが、将来結婚できるのか心配になりますね!

今回は女性側の遠距離恋愛から結婚までの期間やうまくいくコツを紹介した記事になります。

【遠距離恋愛】結婚までの期間平均は?実際に結婚した方法を調査! と題してご紹介いたします。

スポンサーリンク

遠距離恋愛で結婚までの平均期間は?

遠距離恋愛の期間はその人のライフスタイルによって変わりますが、最低でも1年以上は遠距離になるカップルが多いようです。

  • 進学:2年~4年
  • 留学:1年~2年
  • お仕事:3年~5年

遠距離恋愛の期間は平均1年以上になります。

お仕事の関係で遠距離になった場合はもっと長くなるでしょう。

人生の中でこんなに長い間好きな人と離れ離れになるなんて寂しいですし、不安も大きいです。

恋は盲目と言いますが、若いひとほど恋に溺れる傾向が強いです

遠距離恋愛は会いたい時にすぐあえる距離ではありません。

会えないことが不安で辛すぎてお別れしてしまい事も多いです。

だから『遠距離恋愛は上手くいかない』なんて言われてしまうんですよね。

でもちょっと待ってください!

遠距離恋愛でも愛を育んで結婚している人って意外に多いんですよ!

遠距離恋愛から結婚へ!

寂しいのはあなただけじゃなくて相手も同じです。

今は会えなくてもオンラインで繋がることができるので愛を育むことは可能なんです。

結婚はタイミングが大事と言いますが、本当にそうなんです!

そして勢いも大事です。

勢いで結婚すると失敗するとも言われますが、勢いだけではダメで、『タイミング』と『勢い』の両方が揃ってはじめて『結婚に適した時期』になると私はおもっています。

では、いいタイミングっていつなのでしょうか?

結婚適齢期といいますが、それもまた人それぞれです。

結婚したい気持ちがお互い一緒になった時が2人にとっていい時期だと思います。

どちらか片方ではダメなので結婚の時期については話し合う必要がありそうです。

かといって遠距離恋愛はそう簡単に事が進むわけではなくて、結婚のタイミングの逃しているカップルは多いんです。

でも、うまく(恋人を)扱えば結婚するタイミングに一番近いと私は思っています。

では、実際に遠距離恋愛から結婚した実際の声を見てみましょう。

遠距離恋愛から実際に結婚した人の声を紹介!

就職を機に遠距離恋愛がスタートしました。大学時代はデートを毎日のように行っていました。就職してからは、彼の仕事がかなり忙しいこともあり、会えても1か月に1度となりとても寂しい想いをしました。お互い慣れない社会人生活と、自分の時間や会うための時間が取れないことへのストレスがあり、喧嘩も多くなりました。そしてついにお互いの不満が大爆発し、1度お別れをしてしまいました。しかし離れてみると、もう会えないことへの悲しさや寂しさが募りました。会う頻度が少ないからといって、大好きな人を困らせてしまったことをひどく後悔しました。そして、彼も同じように感じてくれていたようで、すぐに復縁することができました。別れからちょうど1年後にプロポーズを受け、いまはとても幸せです。

 

約2年半の遠距離恋愛を経て、結婚することが出来ました。主人との出会いは、高校の部活動です。当時、私が先輩で主人が後輩でした。主人の一目惚れだったのですが、高校生の私は違う方とお付き合いをしていたため、高校の時は主人と付き合うこともなく、メールのやり取りだけでした。お互いに社会人となり、OBOG会で再開し、何度かデートをして主人から告白され付き合うことになりました。しかし、すれ違いがあり一度別れ、また再開して主人からの猛烈アタックで付き合うことになりました。その後、主人の転勤が決まり、遠距離恋愛をしました。そして、遠距離恋愛で主人を支えたことによってプロポーズをしてもらい、結婚することが出来ました。

 

大学生の頃、バイト先の社員だった彼と付き合いはじめて、4年間たった今、彼の奥さんになりました。
出会ってすぐに彼が転勤になったため、付き合いはじめてすぐに遠距離恋愛がスタートしました。
お互いの休みをあわせて3ヶ月ほど会っていましたが、そのあとわたしの留学もありなんと1年半ほど会えないことになりました。すごく寂しい1年半でしたが不安になることはなく。彼がわたしを不安にさせる行動はせず誠実に向き合ってくれたからだと思っています。できる限り連絡を取り、誕生日には背景を飾り付けしてケーキにろうそくをたてて、ビデオ通話でお祝いしたり。サプライズで郵便を送ったり。遠距離でしたが疎遠になることはなく、絆を深めました。
4年付き合ったころ、もうお互いに結婚を意識していたこともあり、タイミングをみて婚約、入籍し、夫婦になりました!

 

実際に遠距離恋愛から結婚した人の声を聞くと遠距離恋愛はお互いの絆を深めるのに最高のシチュエーションであることは間違いないんです。

でもやはり寂しさに限界がきて一度別れているカップルは多いですね。

でも、絆を深めておけば必ず復縁することができるんです。

遠距離恋愛から結婚したいなら『依存しない』こと!

『遠距離恋愛は続かない』とか『遠距離恋愛はうまくいかない』という悪いイメージがありますね。

  • 会いたい時に会えない
  • 寂しくてつらい
  • 浮気される確率が高い

マイナスしかないように思えます。

たしかになかなか会えないので浮気されるリスクもありますよね。

でもそれは遠距離恋愛でなくても同じです。

なのでこの時点で遠距離恋愛は辛いから別れた方がいいと思うならこの先お付き合いを続けていくのはあなたが辛くなるだけです。

『遠距離恋愛を乗り越える方法は恋人に依存しないことです。』

人は執着しやすい生き物です。

熱狂的ファンがいい例です。

一度、恋人からそう思われたらなかなかファンから抜け出せないだけでなく、あなたはますますと恋人にのめりこみます。

恋人と対等な関係を保てないならそれはアイドルを追っかけている『そのへんのファンと同じ』。

受け入れてくれない恋人にあなたはさらに執着していきます。

そうなるまえになんとか手を打たなけらばなりません。

一刻も早く…。

遠距離恋愛で相手に依存しない方法は?

遠距離恋愛で相手に依存しない方法は自立した人間にならなければいけません。

自立するということは『選ぶ権利は自分にある』ということです。

恋愛において大事なことそれは2つです。

  1. 『少しの思いやり』
  2. 『少しの我慢』

沢山でなくていいのです。

少しでいいのです。

少し相手を思いやる、少しだけ我慢してみよう。

そうすればそんなあなたを見て相手も敬意をもってくれるでしょう。

では具体的にご紹介します。

会いたくても頻繁に電話しない

遠距離恋愛で一番つらいのはなかなか会えないことです。

好きすぎるあまりに毎日電話をして声を聞きたがったり、夜中遅くまで長電話をするというのはお互い疲労がたまり喧嘩の原因になります。

恋人が仕事で忙しいから毎日の電話は辛いと弱音を吐いた時こそあなたの出番です。

恋人の話を聞いてあげるのです。

lineでのやり取りは毎日

実際に声を聞くと会えない分、恋人の言葉ひとつで簡単に怒りのスイッチが入ります。

せっかくの恋人との楽しい時間なのに喧嘩しては本末転倒です。

そんな時こそlineでのやり取りが丁度いいのです。

夜寝る前のlineを日課にするなどでもあなたの心は寂しさから解放されるでしょう。

ゆっくり長電話はたまにでlineをフル活用してみてください。

自立する

自分の時間を大切にする人は恋人からも自立している強い人と思われ尊敬されます。

精神的に強い人のそばにいると自分も強くなれるからです。

自立するということは『自分のことは自分で決める』ということです。

そして、自分のことは自分で決めるということは『自分に自信があるから』と私は思います。

人は誰にでも好きなことがありますよね?

本を読むのが好き、アウトドアが好き、ゲームが好きなど、その時間を確保できないと自分で気がつかない所でストレスが溜まります。

恋に溺れると自分が今まで好きだったものなんてどうでも良くなりがちです。

だから恋人に求められるとすぐに自分の生活を犠牲にします。

その結果、恋人にも同じ犠牲を求めるので2人のバランスが崩れていくのです。

そうなると、思いやりも我慢もできなくなります。

恋人からいつ連絡がきてもいいように予定を入れずに家でひたすら待つようなことします。

家にこもらず会えない時こそどんどん外へ出ていろんな経験をするべきです。

自分のスキルを上げることで自信をもつことにもつながります。

遠距離恋愛で結婚を意識させる方法は?

遠距離恋愛中はいざ会った時に『今までの成果を発揮するべき時』です。

昔から男性が逃がしたくないと思う女性の3つの条件があります。

  • 『料理上手』
  • 『聞き上手』
  • 『床上手』

ひとつずつ見ていきましょう。

『料理上手』

昔から相手を繋ぎとめる方法として『胃袋を掴むと離れない』と言われていますね。

仕事でクタクタになって帰宅した時に、ご飯がすでに用意されているのは本当にありがたいん瞬間なんです。

そのご飯が美味しいものであれば、恋人の胃袋は掴んだも同然なのです。

相手はあなたを家庭的な女性と思うでしょうし、こんな女性と結婚したいと思うでしょう。

『聞き上手』

久しぶりの再会ですから話したいことたくさんあるでしょう。

でも自分の話ばかりでは恋人も疲れてしまいます。

相手の話を聞く方に徹して、あなたの意見や感想を少し話し、肯定してあげると相手の心は満たされてあなたを求めるでしょう。

『床上手』

床上手はHが上手い人のことです。

といってもここでは凄いテクニックをもっている人のことではなくて、上手に余韻を残せる人のことです。

そしてギャップも大事と思います。

安心すると退屈しますが、意外性は興味をうむのです。

間違っても体を安売りするのとは違いますのでご注意を。

そして番外編もご紹介。

番外編

番外編は『サプライズ』です。

サプライズと言ってもいきなり相手の家に押しかけて『来ちゃった』ではありません。

サプライズでプレゼントしたり、普段書かないハガキや手紙のことです。

先ほどもいいましたが、安心はたいくつをうみ、意外性は興味をうむのです。

適度にサプライズで新鮮な風を起こしてみてください。

どうすれば愛されるのか?

自立できるの?

やや毒舌ですがおもしろおかしく紹介してくれる1冊です。

まとめ

今回は遠距離恋愛の期間は平均で何年か?

遠距離恋愛から結婚する方法についてもご紹介しました。

遠距離恋愛は一度は気持ちがすれ違うことがありますが、そんな時でもお互いが必要であれば復縁することができますし、結婚もできます。

大事なのはパワーバランスが同じことです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました