リコーダーの洗い方は簡単だった!水洗いと洗剤どっちがいい?

リコーダーの洗い方教育

私の子供が小学校の音楽の授業でリコーダーを使うようになって洗う為に持ち帰ってきたんです。

リコーダーどうやって洗ってたっけ私?

昔の記憶がないので今回正しいリコーダーの洗い方を調べてみることにしました。

水洗いで良いのだろうか?

それとも洗剤を使う?

結果として洗剤を使用するのが正しい方法なのですが、洗剤でゴシゴシ洗うわけではありませんのでご注意を。

リコーダーの正しい洗い方は洗剤使っていいの?水分の簡単ふき取り方法も紹介!と題してご紹介します。

リコーダーは洗う?洗わない?

リコーダーを洗うのか?

洗わないのか?

もしかして私はリコーダーを洗ってなかったかもしれません。

でも正しいのはリコーダーもお手入れが必要ということなんです。

理由は、口を直接つけて噴くので唾液が中に入ってしまいそのままにしておくと不衛生だからです。

考えてみたらそうですよね。

私とっても不衛生だったようです。

そして私のように自分が吹いたものだし”気にしない”なんて思っている子供は多いのではないでしょうか?

そしてお手入れをしないでそのままにしておくと、中でカビが繁殖してしまいますよね。

私が小学生の頃に使っていたリコーダーは口を付ける部分が黒っぽいので見た目では分かりませんが、カビが繁殖している可能性は十分に考えられます。

親が使っていたお下がりは注意!

自分が子供の頃に使っていたリコーダー。

なんとなく捨てるのがもったいなくてとっておき、自分の子供が生まれた時に「そういえばあったじゃん!」なんて子供に使わせようと考える親いませんか?

私がそうでした。

部屋を片付けていてある時リコーダーを発見しました。

私は懐かしくなってケースから出してみると見てびっくり!

私のリコーダーめちゃくちゃカビ繁殖してるし…

私が見つけたのは中学生の頃につかっていたリコーダーだったのですが、口の部分が白かったんです。

それでカビの繁殖がよく分かったんです。

私がちゃんとお手入れして保管しておけばカビなかったでしょう。

以上のことからも私のようにきちんとお手入れしないとに間違いなくカビます!

本当に恐ろしい光景でした。

ですからしっかりリコーダーを洗ってくださいね。

そして、私の子供もそうですが子供は洗うのをすぐ忘れてしまうんです。

リコーダーを持ち帰ってきたことを忘れてる息子!

リコーダーを持って帰ってきたことを忘れている私の子供よ…。

ぼーっとしているうちの息子よ…。

リコーダーを持って帰ってくるというとこは”家で洗ってね”ということなのに、なんならリコーダーを持ち帰ってきていることすら忘れる始末。

なので私は知らぬままです。

私は決して潔癖ではないですがカビは許せません。

私は口をすっぱくして『リコーダーは洗わないとすぐにカビる』、『カビを食べている』と脅しているのですが、いまいち効果はないままです。

なのであなたのお子さん私の子と同じタイプでしたら、リコーダー(らしきもの)を見つけたら、声をかけてあげた方がいいかもしれませんね。

では正しい洗い方です。

リコーダーの正しい洗い方は?

リコーダーの正しい洗い方ですが、簡単に水洗いでも良いのですが、たまには洗剤を使って洗ってあげてください。

私はリコーダーは楽器なのでお手入れ方法を間違えると、変色や音が出ないなど故障の原因になるかも?

と思っていたのですが、正式なお手入れ方法として洗剤を使うことはおすすめされていることなんです。

そしてここ注意です!

リコーダーは間違っても食器用スポンジに洗剤をつけてゴシゴシ洗うわけではないです!

それで早速私は洗剤でリコーダーを洗ってみることにしたのです。

食器用洗剤を使用する場合

リコーダーって3つの管に分解できますよね?

まずは、すべて外してください。

まず私は洗面器にリコーダーが浸かるくらいのぬるま湯(40度以下)入れました。

そして食器用中性洗剤を薄く溶かしてリコーダーをつけこみます。

そしてぬるま湯に浸しながら、リコーダーを目の細かいスポンジやガーゼなどで傷をつけないように優しく洗うのです。

ゴシゴシ洗うとリコーダーに傷をつけてしまいますので注意です。

そして私は最後にきれいな水ですすぎます。

私はすぐに洗っていますがこの時、半日以上付け置きしてもいいそうです。

私のリコーダーのように長い間、お手入れしていなくてカビが気になる時など付け置きしてもいいでしょう。

そしてリコーダーの水分をふき取ります。

この時私はガーゼ等の柔らかい布をクリーニングロッドと呼ばれる(掃除棒)を使って、リコーダーの中の水分を綺麗にふき取ります。

私は最後につなぎ目にグリス(ワセリン)を薄く塗ってリコーダーを組み立てたら完成です。

漂白剤を使用する場合

リコーダーに漂白剤!

私は考えもしなかったのですが、使用しても大丈夫なのかとても心配になりますね?

そして先に結論をお伝えするとリコーダーに漂白剤を使っても大丈夫です。

でも使っていいのは、”スーパーなどに売っている『キッチンハイター』とか『キッチンブリーチ』などの塩素系漂白剤”です。

コーヒーカップや湯吞、まな板などに漂白剤使用しますね?

私は楽器なので音の出かたに問題ありそうと思っていたのですが、小学校で使用しているリコーダーはプラスチック製なので使用しても大丈夫なんです。

たしかにプラスチックだから問題ないはず。

そのかわり木製のリコーダーには使用できません。

注意書きにも木製は使用できないって書いてありますもんね。

私は目からウロコでした。

漂白したあとは、においがきついので残らないように私はよ~くすすいだら完了です。

アルコール消毒を使用する場合

さらにさらに、調べると”アルコール消毒”もできるようなんです。

アルコール消毒は口に入れてはいけないとされているので使うのためらいますね。

でも、きちんと最後に水拭きをすれば大丈夫なんです。

漂白と同じように”木製のリコーダー”は使用できませんが、樹脂のリコーダーは「エタノール」や「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒できるんです。

私は口に入れても安心な消毒薬『アイポッシュ』を使っています。

私は家の中の除菌もできるので一石二鳥と思っています。

エタノール使用方法

※表面を軽く拭う程度であれば大丈夫ですが、長時間の使用で素材劣化の危険があるので注意です。
  1. エタノール溶液をしみ込ませた柔らかい布で表面を優しく拭く。
  2. 水で濡らし固く絞った柔らかい布で水拭き。
  3. 乾いた布で水分が残らないように拭く。

次亜塩素酸ナトリウム

  1. 次亜塩素酸ナトリウム溶液をしみこませて固くしぼった柔らかい布で拭く。
  2. 5分間そのまま。
  3. 水で濡らし固く絞った柔らかい布で水拭き。
  4. 乾いた布で乾拭き。
消毒液を使用する時はどちらもリコーダーの中に溶液が入らないように気をつけ入ってしまったらよくすすぐようにしてください。

煮沸消毒は変形のリスクあり!

リコーダーは樹脂製なので熱等や煮沸はできません。

食器洗い洗浄機に入れようなんて思うことはないかもしれませんが、変形する可能性があるので絶対にダメなんです。

リコーダーの上手な水分ふき取り方法は?

一般的にリコーダーを洗ったあとの水分のふき取りはお掃除棒と呼ばれる「クリーニングロッド」の丸い穴に布を通して棒に巻き付けるなどして水分をふき取っているのではないでしょうか?

私はこの水分をとる作業一番苦手なんですよね。

全然中に入らないのです…

小学生のリコーダーって小さいので穴が小さく作られていますよね。

私はお掃除棒に、キッチンペーパーやガーゼ(赤ちゃん用のガーゼ)を巻き付けてみたのですが全然入らないんです。

まさにこんな状態。

私はとっても不器用なんです。

そこで「他の人ってどうしてるの?」「簡単な方法はないの?」と思い調べてみると、なんと薄手のガーゼで拭いている人が多かったんです。

私は厚手のガーゼ使ってたわ!!

そして『リコーダーお手入れグッズ』と称してお掃除棒とガーゼがセットになっている商品が売られているんですね。

でもお掃除棒はあるので薄手のガーゼがあればいいわけなので代用できるものはたくさんありそうです。

 

家庭にあったら嬉しい医療用ガーゼ

私がおすすめしたいのは医療用スーパーなどでも買える医療用ガーゼです。

ガーゼなので水分もよく吸収しますし、お掃除棒に巻き付けて拭き取るにはちょうどいい大きさと厚さなんです。

1つあれば洗って繰り返し使えるのでお財布にも優しいんですよね。

また、医療用ガーゼなので怪我をした傷口を抑える時の為に常備あったということもあるかもしれませんね。

なければ、いつ怪我するかわかりませんのでいざという時の為に準備しておいてもいいと思います。

 

わざわざ買いたくないという人の為は「アベノマスク」を使いましょう。

アベノマスクも薄手ガーゼでつくられているので必要な大きさに切って使うと良さそうです。

リコーダーの洗い方は簡単だった!水洗いと洗剤どっちがいい?まとめ

今回はリコーダーの正しい洗い方と水分の拭き取る方法をご紹介しました。

なんとなく水でチャチャチャっと洗ってしまいがちなんですが、きちんと洗剤や時には漂白もした方がいいということでした。

リコーダーでも楽器なのでお手入れは必要なんですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

■関連記事■

コメント

タイトルとURLをコピーしました