リコーダーの正しい洗い方は洗剤使っていいの?水分のふき取り方法も紹介!

リコーダーの洗い方教育
この記事は約5分で読めます。

今回はリコーダーの正しい洗い方をご紹介します。

子供が小学3年生からリコーダーを使うようになりました。

その際に家で洗ってくるように持ち帰ってきたリコーダー。

さて、簡単に水洗いで良いのだろうか?それとも洗剤を使う?と色々悩んでしまいました。

結果として洗剤を使用するのが正しい方法なのですが、リコーダーの正しい洗い方は洗剤使っていいの?水分の簡単ふき取り方法も紹介!

リコーダーはお手入れが必要!

リコーダーは口を直接つけて噴くので絶対に唾液が中に入ってしまいますよね。

お手入れをせずそのままにしておくと中でカビが繁殖してしまいとても不衛生です。

きっと学校でもお手入れの指導をされていると思いますが、お子さんがリコーダーを持ち帰った際にはしっかりと洗ってあげたいですね。

では早速リコーダーの正しい洗い方です。

リコーダーの正しい洗い方は?

洗剤を使用する場合

①リコーダーは3つの管に分解してください。

②洗面器にリコーダーが浸かるくらいのぬるま湯(40度以下)入れ、食器用中性洗剤を薄く溶かしてつけこみます。

③ぬるま湯に浸しながら、リコーダーを目の細かいスポンジやガーゼなどで傷をつけないように優しく洗ってください。

④きれいな水ですすぎます。

⑤ガーゼ等の柔らかい布をクリーニングロッドと呼ばれる(掃除棒)を使って、リコーダーの中の水分を綺麗にふき取ります。

⑥つなぎ目にグリス(ワセリン)を薄く塗ってリコーダーを組み立てたら完成です。

漂白剤を使用しても大丈夫?

リコーダーに漂白剤を使用しても大丈夫なのか心配になりますね。

でも結論をお伝えすると漂白剤を使っても大丈夫です。

ただすべてのリコーダーに使用できるわけではなく木製のリコーダーには使用できません。

小学校で使用しているリコーダーはプラスチック製なので使用しても大丈夫なんですね。

スーパーなどに売っている『キッチンハイター』とか『キッチンブリーチ』などの塩素系漂白剤で漂白してくださいね。

また、漂白したあとはにおいが残らないようによくすすいでくださいね。

アルコール消毒は?

また、アルコール消毒もできるんです。

漂白と同じように木製のリコーダーは使用できませんが、樹脂のリコーダーは「エタノール」や「次亜塩素酸ナトリウム」でも消毒できるんです。

エタノール使用方法

※表面を軽く拭う程度であれば大丈夫ですが、長時間の使用で素材劣化の危険があるので注意です。
  1. エタノール溶液をしみ込ませた柔らかい布で表面を優しく拭く。
  2. 水で濡らし固く絞った柔らかい布で水拭き。
  3. 乾いた布で水分が残らないように拭く。

次亜塩素酸ナトリウム

  1. 次亜塩素酸ナトリウム溶液をしみこませて固くしぼった柔らかい布で拭く。
  2. 5分間そのまま。
  3. 水で濡らし固く絞った柔らかい布で水拭き。
  4. 乾いた布で乾拭き。
消毒液を使用する時はどちらもリコーダーの中に溶液が入らないように気をつけ入ってしまったらよくすすぐようにしてください。

煮沸消毒は変形のリスクあり!

リコーダーは樹脂製なので熱等や煮沸はできません。

食器洗い洗浄機に入れようなんて思うことはないかもしれませんが、変形する可能性があるので絶対にダメなんです。

 

リコーダーの上手な水分ふき取り方法は?

一般的にリコーダーを洗ったあとの水分のふき取りはお掃除棒と呼ばれる「クリーニングロッド」の丸い穴に布を通して棒に巻き付けるなどして水分をふき取っているのではないでしょうか?

でも、この水分をとる作業一番苦手なんですよね、私。

全然中に入らないのです…

 

小学生のリコーダーって小さいので穴が小さく作られていますよね。

お掃除棒に、キッチンペーパーやガーゼ(赤ちゃん用のガーゼ)を巻き付けてみたのですが全然入らないんです。

まさにこんな状態。

とっても不器用な私です。。

そこで「他の人ってどうしてるの?」「簡単な方法はないの?」と思い調べてみると、なんと薄手のガーゼで拭いている人が多かったんです。

厚手のガーゼ使ってたわ!!

そして『リコーダーお手入れグッズ』と称してお掃除棒とガーゼがセットになっている商品が売られているんですね。

でもお掃除棒はあるので薄手のガーゼがあればいいわけなので代用できるものはたくさんありそうです。

家庭にあったら嬉しい医療用ガーゼ

私がおすすめしたいのは医療用スーパーなどでも買える医療用ガーゼです。

ガーゼなので水分もよく吸収しますし、お掃除棒に巻き付けて拭き取るにはちょうどいい大きさと厚さなんです。

1つあれば洗って繰り返し使えるのでお財布にも優しいんですよね。

また、医療用ガーゼなので怪我をした傷口を抑える時の為に常備あったということもあるかもしれませんね。

なければ、いつ怪我するかわかりませんのでいざという時の為に準備しておいてもいいと思います。

わざわざ買いたくないという人の為はアベノマスクを使いましょう。

アベノマスクも薄手ガーゼでつくられているので必要な大きさに切って使うと良さそうです。

リコーダーの正しい洗い方は洗剤使っていいの?水分のふき取り方法も紹介!まとめ

今回はリコーダーの正しい洗い方と水分の拭き取る方法をご紹介しました。

なんとなく水でチャチャチャっと洗ってしまいがちなんですが、きちんと洗剤や時には漂白もした方がいいということでした。

リコーダーでも楽器なのでお手入れは必要なんですね!

リコーダーの正しい洗い方は洗剤使っていいの?水分のふき取り方法も紹介!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました