リコーダーのグリス代用ワセリン以外にある?塗る意味って何?

リコーダーの洗い方役立ち

リコーダーの付属品、白いクリームのグリスは小さいからしまい込んだまま見つからないことってあるんですよね。

何かグリスの代用はできないかと探してみるとワセリンで代用できるんです。

他に代用できるものはあるのでしょうか?

そもそもグリスを塗る意味は何?

今回はグリスについて調べてみました。

リコーダーのグリスはワセリンで代用できる!

リコーダーのグリスが見つからない時はワセリンでも代用ができます。

ワセリンは油で皮膚の乾燥を防ぐために使ったことがあると思います。

見た目もグリスとほぼ変わらないですし、代用するにはちょうどいい代物なんです。

他にも、リップクリームで代用できます。

そもそもグリスが固形系の油でできているので、油性のぬるぬるしたものなら問題ないんです。

  • オロナインH軟膏
  • オリーブオイル
  • サラダ油
  • ロウソクのロウ

などで代用したことがあるなんて声もありました。

匂いが気になったり、油が手についたりすることも考えて人体に影響のない自然由来のもので代用したいですね。

ということは、グリスって別に必要ないのでしょうか?

リコーダーのグリスを塗る意味は?

リコーダーに塗るグリスってそもそもなんの意味があるのでしょうか?

理由は2つあります。

  1. リコーダーの気密を保つ
  2. リコーダーのつなぎ目はめやすくするため

まず、空気を吹入れることで音がでるリコーダーは、つなぎ目(ジョイント部分)から空気が逃げないようにしっかり閉じる必要があります。

なのでグリスを塗ることで気密を保つ役割があるんです。

それともうひとつめは単純に滑りをよくするためです。

洗う時に外しやすくしたり、音の出かたで穴の位置を動かして調整するリコーダーは滑りがよくないと固くなりリコーダーを痛めてしまう原因にもなります。

グリスを塗らないとジョイント部分が摩擦で痛みますし、分解できなくなって苦労することになります。

小学校で使用するソプラノリコーダーの場合は特にそのまま分解せずにケースに入れてしまいます。

グリスが渇いて外れないなんてことにならないようにお手入れの時にはきちんと洗ってから、もう一度塗りなおしてあげるといいんです。

もしもジョイント部分が固くなり、分解できなくなったら?

リコーダーのグリスが固まってとれなくなった!

グリスを塗るのが少なかったとか、何らかの理由でリコーダーが分解できなくなったとします。

  • 石鹸水につけて回してみる。
  • ジョイント部分を軽く叩いて回してみる。

温めすぎたり、無理やり抜こうとするのは良くないので、コツが必要になりそうですね。

それでもだけなら正直、楽器屋さんに持っていくしかなさそうです。

リコーダーが分解できないは結構あるあるなのでリコーダーは長期間放置しないようご注意くださいね。

▼リコーダーのお手入れ方法はっこちらの記事に書いています▼

リコーダーの洗い方は簡単だった!水洗いと洗剤どっちがいい?

リコーダーのグリスはどこで購入できる?

グリスが紛失しちゃった!どこで購入できるのでしょうか?

グリスはネットでも購入できますが送料をよく確認してくださいね。

送料が無料でも、商品の値段に含まれている場合が多いので若干割高ですね。

楽器屋さんで購入した方が1個100円やそこらで購入できるので安いかもしれません。

また、グリスをなくしてしまう子は結構多いので、学校の先生に聞いても良いでしょう。

もしかしたら注文してくれるかもしれませんね。

 

 

リコーダーのグリス代用まとめ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

▼関連記事▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました