ママ友との距離感間違えた!嫌われない距離の取り方とは?

ママ友ママ友

子供が保育園や幼稚園に通うようになると「ママ友」という新しい関係が生まれてきます。

ママ友はちょっと特殊なものなので距離感が難しいと思われていますがどの人間関係であっても距離感は必要です。

子供が絡んでくるから難しく感じているだけなんですよね。

なので単なるママ友なら難しくないんです。

この記事を読んでいるあなたはママ友との距離感を間違えて後悔していると思いますが、これからはどんな距離感で接したらいいのか?

きっと最後まで読むと納得してもらえるのではないでしょうか。

ママ友との距離感は友達と間違えやすい!

ママ友との距離感はとても難しいと思われていますよね。

でもそれってママ友を友達と勘違いしているからなんです。

あなたの友達は、あなたと価値観が合うから友達になって今でも関係が続いていると思うんです。

どんなことも一緒に楽しんだり、泣いたり笑ったりしてきたと思います。

でも、ママ友は子供が生まれてからできた関係で、純粋な友達とは全く別ものと思ってください。

仲良しだと思っていたのに、実はそこまででも思ってなかった!

なんて話はよくあることなんです。

ママ友と仲良くするには何かを共有しないと仲良くなれないと私は思っています。

でも、あなたのすべてをさらけ出すのは間違っていると思うんです。

友達とはプライベートなことを話しますが、ママ友とは子供が幼いうちだけの期間限定の付き合いであることがほとんどなので、そんな人にその時だけの付き合いのために自分の生い立ちを話ても何も得はないですよね。

ママ友とは期間限定の付き合い?

ママ友は子供の話題で盛り上げることが多いので、子供同士同じクラスのママや性別が同じママ、習い事が同じで良く顔を合わせるママと交流することが多いです。

私にも保育園に通っている時、子供同士同じクラスでプライベートでとても仲良くしてくれるママ友がいました。

当時は、お互いの家に行ったり外でお茶をしたりする関係だったのですが、保育園を卒園し小学校が別々になるとそのママ友との関係もなくなりました。

ママ友との関係は子供の存在が大きく影響しますから、子供どうしの仲がよければママどうしも仲良くなってしまうんです。

「お家が近所で家族ぐるみのお付き合いをしている」とか、「子供抜きでも飲みに行ける関係」など、理由がないとなかなかママ友から一生のお友達になるってない気がします。

ママ友に距離を置かれる人の特徴は?

全く心当たりがない場合もあるかと思いますが、距離を置かれてしまう人にはやはり以下のような原因があることがほどんどです。

  • 自慢話や自分の事ばかり話しする人
  • 人の悪口、噂話ばかりする人
  • 相手のプライベートな事を色々詮索しがちな人
  • 相手を不快にさせるような発言が多い人
  • 口が軽い人
  • 馴れ馴れしい態度の人
  • 子供を放置する
  • 無関心

まったく悪気はないのに、ついつい出ちゃうクセのようなものもあります。

この他にも子供を放置したり、無関心なママも距離を置かれる人の特徴の一つです。

ママ同士おしゃべりの最中に子供が走り回って危なっかしいという場面はよく見る光景だと思いますが、それはちょっと困りものです。

他のママだって自分の子供のお世話で手がいっぱいなのに、他の子供のお世話までやらされたら負担になってしまいますよね。

また、話をしても興味がなさそうと思われるとママ友はあなたから離れていきます。

あなたが人見知りの性格で本当はとても楽しんでいても、その感情が伝わらないとママ友は面白くなかったのかもと思ってしまうかも。

当たり前ではありますが、自分や子供が何かしてもらったらきちんとお礼を言いましょう。

ちょっとした気遣いがあれば、よほどのことがない限りママ友から距離を置かれることもなくなりますよ。

ママ友と上手に付き合う上で大事なのは「距離感」だというのはわかっていても、いい距離感とは実際にどれくらいの距離を取ることなのか、ちょっと分かりづらいですよね。

ではママ友との距離感を間違えない為にはどうしたらいいのかご紹介します。

ママ友との距離の取り方を間違えない方法は?

ママ友と距離の取り方を間違えない方法は、いつでもほどほどの距離感を保ち続けるようにすのが一番です。

「ママ友は友達じゃないから」と思うことで、悩んでいる気持ちが軽くなります。

ママ友とは一時的な関係

先ほども述べましたがママ友と言っても純粋な自分の友達ではありません。

子供同士が友達でいる間だけ、もしくは同じ幼稚園、保育園、小学校に通っている間だけの一時的な関係であることがほとんどです。

いずれママ友ではなくなるかもしれないと思って最初から割り切って付き合いましょう。

もっと仲良くなりたいからといって信頼関係も築けていない状況でグイグイ相手に近づくと「距離感もわからない残念な人」というレッテルを貼られてしまいますよ。

気持ちを伝える

自分の意見、意思をしっかり言える勇気を持ちましょう。

相手のご機嫌ばかり取っていたり、何でもはいはいと言いなりになっていると、本来ならば対等であるべきはずの関係に「上下関係」ができてしまいます。

後々子供同士の関係に影響してくる可能性やトラブルに巻き込まれる可能性も出てくるので、子供や自分の身を守るという意味でもしっかり意思表示をすることは大事です。

また、例え今距離を置かれていなかったとしても、時々自分の言動を振り返ってみることも必要です。

思い当たる節があった場合、そこで修正しておけばトラブルを未然に防ぐこともできます。

子供の友達の親

ママ友のことは「子供の友達のママであり自分の友達ではない」という認識を持って付き合っていくと、相手に必要以上にプライベートなことを詮索されることもないです。

ママ友はママになってからの友達で昔からの友達とは違います。

いくら気が合うからといって、ママ友を友達のようになれなれしく接することで相手を不快にさせていることもあります。

いつもノリのいいママ友だからこのくらい大丈夫!と勝手に思い込んで、調子にのって悪乗りしすぎてしまうのはよくあるケースなんです。

相手のママ友もその場を楽しんでいることが多いのいで、あまり深いプライベートな質問をしたり、度を越えた失礼な態度は許せないと思われることもあります。

ママ友に距離を置かれた時の対処法は?

ママ友に距離を置かれてしまった時にあなたができることは、何が悪かったのかを考えてみることです。

もし、あなたに原因があることがわかっていればそれを直せばいいですが、きっとママ友の場合はいくら考えても何が原因なのかわからないと思います。

でも、距離を置かれていると思っているのはあなただけで、先ほどもお話したように、相手のママ友の環境が変わっただけかもしれません。

今まで仲良くしていたママ友に距離を置かれてしまうことはとても寂しいことですが、必要以上に詮索しないで、あなたもどっしりと構えていればいいんです。

ママ友がいないと心細い気持ちはありますが、生活で困ることは特にありません。

だってあなたには子供がいますから。

園や学校で分からないことは先生に聞けばいいんです。

ママ友と深い関係になりたがるママは意外と多いですが関係をあまり意識しすぎず、自然体で過ごしてみてください。

そうすればきっと、あなたと同じ価値観を持ったママと仲良くなれますよ。

ママ友との距離感間違えた!嫌われない距離の取り方とは?まとめ

ママ友とは友達ではなく、あくまでも子供を通して知り合った一時的な仲間にすぎません。

この認識のズレが間違った距離感を作り出し、トラブルの原因になります。

期間限定の付き合いだということをしっかり頭に入れて付き合ていくと距離感を間違えて嫌な思いをしなくて済むはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

▼関連記事▼

要注意ママ友の特徴は?距離感近くなりすぎた場合の対処法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました