子供会役員を楽しいと思った瞬間は?楽しむ方法も!

幼稚選び役員

子供会って子供がメインの会のはずなのに、母親が深くかかわるために役員だけにはなりたくないと思っていませんか?

私もそうでした。

今まで子供会の役員をやってきたママさんをみてもしっかりと仕切れる人ばかりがやっていたからです。

でも、役員を経験してきてそんな人ばかりではないという事もわかりました。

そこで今回は、あなたの役員活動が少しでも楽しくなるように、私の経験から役員活動はストレスばかりではない、楽しい事もあるよ!

という体験をご紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね。

子供会役員が楽しいと思った瞬間は?

子供会が楽しいと思った瞬間はあるのかと聞かれたら、正直楽しいと思えることって少ないと思います。

それでも、私の役員活動はなんだかんだで【なかなか楽しくできた】と断言できます。

では何が楽しかったのかひとつずつまとめてみました。

①知り合いが増える

やっぱり、知り合いが増えることが一番楽しかったことです。

子供会の役員をすると、今までまったく関わることがなかったママさんともお話しする機会が増えます。

一緒に役員をするママさんはもちろんですが、他の人たちとも顔を合わせることがあるので、お知り合いになることができることはメリットも大きかったです。

話すことで意外と共通点があってりして、会うとおしゃべりがたのしかったりするんですよね。

私の子供と同じ学年だったということを初めて知ったりして会話が弾んだりもしましたし、学校の情報交換もできて子供会という狭い世界ですがママ友とは違う感覚なのであっさりとしています。

中には、まったく気の合わないママもいますが、顔みしりが増えれば増えるほど楽しく活動できるの間違いないんですね。

これまで、子供会に知り合いがいなくて行事に消極的だった私ですが、知り合いのママができたことで、行事に参加しても楽しいですよ。

②行事の準備が意外に楽しい

行事の企画や当日の準備を取りまとめるので大変な仕事が多いのは本当です。

事前に打ち合わせしても、当日はバタバタします。

前任の元役員さんから見れば段取りが悪いとか陰で言われたりもしました。

でも、当日は知り合いのママも積極的に協力してくれたりして子供会って捨てたもんじゃないと思うことが多かったです。

そういう知り合いができれば、行事の準備も学生のノリのようにできるので文化祭とか体育祭とかを思い出します。

もちろん子供たちも沢山いるし、もちろん責任はありますが、みんなで何かを成功させるってワクワクした気持ちになりました。

その中に自分の子供がいるって、なかなかできない体験ですし、ママが誰かの先頭にたってるって子供からみたら結構かっこいいですよね。

③学校で子供と会うのが新鮮

子供会の役員って、PTA役員と同じで学校へ行くことが結構あるんです。

学校へ行くのは平日なので、ちょうど子供が体育の時間などで外にいたりすると、私を見かけると「ママー!!」と喜んでくれました。

子供のお友達も私に話しかけてくれたり、普段どんな子と仲良くしているのかを私も知る事もできるのはメリットでした。

「明日ママ学校に行くよ~」と子供とコミュニケーションをとることもできます。

これは役員の特権のようでもありますね。

また、子供だけではなくどんな先生がいるのかも知る事ができます。

感じのいい先生が多いと、この小学校で良かったなんて思ってしまいますね。

④やり切った達成感

役員のお仕事は責任があります。

仕事と言いても、ピンからキリまであるので案内を作るお仕事や行事を仕切る仕事に準備など、ピンからキリまでです。

その中でも子供会のお仕事の中で自分が任されて率先してやる仕事ってあると思うんです。

その担当をやり終わった時の達成感はすがすがしいものでした。

私の場合は、子供会のお知らせ作成だったり、行事の準備や手配だったり、裏方のお仕事だったのでそんなに大変な仕事ではなかったかもしれません。

それでも、それなりに責任はありました。

行事本番までは緊張もありましたし、責任をもってやってきたので無事に終わった後の解放感。

はたからみれば大したことのない事でも、普段人の上に立つことがない私にとっては達成感でちょっとした興奮状態ですね(笑)

子供会を楽しむ方法は?

子供会役員を楽しみたいなら、タフな精神をもたなければダメです。

何でも深く考えてしまう人っていますし、そんな私も周りの声に敏感に反応するタイプなので思い切った行動ができないタイプです。

子供会役員は前年と同じことをやっていれば間違いないと思って時代の変化についていってないことが多くないですか?

「前回と違う活動したら、絶対に文句言ってくる人いそう…」とかですね。

無難に役員を終えることを考えて前年と同じにしとけばいい!と考えてしまいがちですが、あなたの負担が大きいなら、楽になるように工夫することも必要です。

お金の管理や、報告や連絡事をおろそかにしてはいけませんが、誰もこまらないことならその仕事は省いてもいいのではと思います。

あなたが楽しい気持ちでいれば、他の役員さんにも気持ちが伝わって結果的に楽しく活動できることにもつながります。

精神的に合わない人もいると思いますが、その人とは役員が終われば関わることはありません。

ですから役員期間中だけは、楽しく活動することに力を入れた方が正解だと思います。

最終的に子供が楽しかったら結果オーライでいいと思います。

子供会役員をやった感想は?

子供会の役員を経験した立場から言わせてもらうと、子供会の役員は無理してやるものでもないと思います。

でも、やったことで後悔もしていません。

子供がいる以上は一度は役員を経験することになるでしょうし、良い経験ができて良かったと思っています。

大袈裟にいえば自分のレベルがあがった!

今度の人生経験に役立つことが学べたと思っています。

これから子供が大きくなるについれてもしかしたら親同士のトラブルになることもあるかもしれません。

その時にいろんな年代の違うママさんを見ておくと、精神的に鍛えられてトラブルにも対応していけるかなと思っています。

温室でぬくぬくしていてもダメで、色んな人を関わることで本当にずるい人、愛想だけ良い上っ面の人、文句を言いたいだけの人、いろんな人が見えてきます。

その中で本当にいい人もたくさんいます。

子供会はみなさん家が近いので情報が筒抜けになり、それを嫌う人も多いですよね。

でも、近所に住んでいるからこそ、自分が困っている時に協力してくれる人がいれば安心できます。

特に、転勤族で頼れる人がいない人は子供会の役員を経験してみるといいです。

子供会役員が楽しくなるまとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

▼関連記事▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました