学研教室の口コミ幼児コースの評判は?教材の進み具合や問題は?

学研教室教育

大手学習塾でCMでもおなじみの学研教室は幼児コースも人気です。

我が家の子供が幼児コースに通っているのでネットの口コミ評判から私の感想も合せてご紹介したいと思います。

さらに幼児コース教材も気になりますよね?

今回は幼児コースの教材もドーンとお見せしますので最後までご覧ください。

では早速幼児コースの口コミや評判を見ていきましょう!

学研教室の幼児コース口コミや評判は?

学研教室

長~い歴史を持つ学研。

「学研の、おばちゃんまだかなぁ~」という歌まである大手学習塾で有名です。

幼児教育に力を入れている家庭が多い時代ですが、学習塾が多すぎて悩みますよね!

手軽に始められる学研教室はとにかく人気です!

学研教室は近所に何件かあるので子供も親も通いやすいのが人気のひとつです。

そんな学研教室の口コミですが、評判には賛否両論の声がありますね。

学研教室の『料金の口コミ』!

公文や塾に比べてリーズナブルです。二教科で教材費込みの金額は安いです。

風邪等で休んだ日も、月2回なら振り替え授業もしてもらえます。

リーズナブルです。ただ、一教科だけはできないそうです。

学研のおもちゃを買わされると思っていたけどそんなことなかった!

学研教室の基本コースが「ごくご」と「さんすう」の2教科になります。

2教科で週1回と週2回が選べます。

また学習時間ですが、「幼児コース」ですと、1回あたり”45分程度”で2教科おこないます。

これは幼児が集中して学習できる時間になりますが、私の子供をみて感じたのは、その子の集中力によって時間を増やしたりと臨機応変に対応しているようです。

そして嬉しいのが家庭学習用の宿題はや教室での教材は何度つかっても月謝が変わらないということです。

宿題を多めにしてもらったりしればかなりの”お得感”はありますよね。

そして月謝ですが、月に8,800円が税込み。

支払い方法は

  • 毎月の引き落とし
  • 月謝袋で現金手渡し

のどちらかを選べます。

お金ですし、トラブルになるのが嫌なので私は自動引き落としにしています。

口コミでもあったように学研教材のおもちゃを買わされると思っているかもしれませんが、学研教室の先生にはそんなノルマはないので何かを買わされるという心配はありませんので大丈夫です。

学研教室『先生の質口コミ』!

親切で丁寧な先生です。良いところは素直に褒めてくださいますし、直した方がいいところも、ここをこうすればもっといいですよ、という風に優しく言ってくださるので分かりやすいです。

学習面だけでなく、しつけも教えてもらえるので有り難いです。

子供には褒めて伸ばし、親には出来ない指導の仕方をしてくれる。

子供に関心がないように見える!子供の靴もそこら中に脱ぎ散らかしたまま。

 

子供がプリントを提出しても子供の顔すら見ない。

子供の性格に合わせるよりも、自分の指導に子供が合わせるという雰囲気。他の子と比較されることもありました。

子供の学力が伸びるか下がるかは『先生の質』によるといっても過言ではありません。

学研教室の先生は学研教室の先生になる条件をクリアすれば主婦でもできます。

いってしまえば誰でもできるので、口コミをみても先生に対するきびしい声が一番多いんです。

総合的にみても教育熱心な良心的な先生が多い印象ですが、やはりくせ者な先生がいるのも確か!

実際に先生と話すことは大事ですが、子供の様子にも注意した方がいいですね。

私は、子供が毎回楽しそうに学研教室に通っていたので安心していました。

それに良い先生は子供の頑張りを認めてくれて子供をほめてくれます。

子供に直接褒めますし、親にもそのことを報告してくれます。

先生に直接会えなければ、お手紙をくれます。

丁寧な良い先生とはそうやって子供や親とコミュニケーションをとってくれようとするものだと私は思っています。

それでは学研教室のでの子供たちの様子や学研教室ってどんなことをしているのかをご紹介していきます。

学研教室内の『様子口コミ』!

マンツーマンではありませんが、分からない所は質問できる環境なので問題ないです。

教室は少人数制なので気が散ることなく学習できるのがいいです。

解き方や考え方を教わって帰ってくるので親としては助かります。

小学生のお兄さんお姉さんもいるので、いい刺激になっている

 

 

学研教室は基本的に自分で問題を解いていき、分からない問題を先生に聞くという流れになります。

 

我が家の子供が通っている学研教室での幼児コースの1日の学習は次の通りです。

  • 前回提出した宿題の間違いを直す
  • 1教科2ページの教室用の教材

これは他の生徒と同じです。

出来たら都度先生の所に持っていくのがルーティンになりますね。

もちろん、早く終わったからと言って時間前に終わりではなく、時間と集中力があればもう1枚やります。

子供は今の所、時間内に問題が終わらないということがないので教材の問題が難しいということはないようです。

分からない所は先生が教えてくれるでしょうし、分からないまま放置されるなんてことがあったらクレーム入れていいと思います!

そして、学研教室での実際の様子ですが、最初は集中力があるので静かな環境で学習していますが、やはり集中力がきれてくるとダラダラしてきますよね。

でも先生にとってはそれも計算のうちなので上手に誘導してくれます。

それに学研教室は小学生も一緒に学習しているのでまわりに合わせて自分も頑張ろうと子供なりに考えているよです。

幼児のうちは学習よりも「周りに合わせて自分で考えて行動できることが大事」だと思っています。

その点でいえば、学研教室では学習の他にも身の回りの事にも気を使ってくれています。
  • 靴をきちんとしまう
  • 挨拶をきちんとする
  • 手洗いを自分でする
  • 迷惑になるから静かにする
  • 使ったものはきちんとしまう

うちの子も注意されたこともありますが、基本的に優しい先生なので子供が恐れるということはないよです。

それで、気になる学研教室での幼児コースの問題ですが、どんな問題を解いているのかをご紹介していきますね。

学研教室の『学習方針口コミ』!

国語はひらがな・カタカナの書き方から教わります。ひらがなカタカナを書けるようになると、文章題を解くといった発展した問題を解きます。算数は、数字の概念から教わります。

少人数制で、読解力を重視しているので、算数でも計算させるだけでなく、考えさせてくれる勉強の仕方が良いと思いました。立地条件もクラスの雰囲気も集中できる環境だと思いました。

自分で何かをしなければいけない環境なので集中力もつきやすい。

復習と予習ができるのが良い

学研教室は文章問題が多く、幼児コースや小学校低学年のうちは同じような問題を繰り返していくので進みが遅いと感じるかもしれませんね。

しかし、10歳の壁という言葉があるように勉強は『小学4年生』からがグッと問題が難しくなり応用問題が多くなってきます。

学習の基礎は文章力ですから、

  • 「この問題で求められていることは何?」
  • 「この問題はどうすれば解けるのか?」

学研教室は文章を通じて徹底的に身に着けることができるよう教材になっています。

家庭学習ように持ち帰る宿題は幼児コースからあって、ゆっくり長い時間をかけて同じ問題をといていきます。

小学1年生になるころには自分の名前やカタカナや1年生でならう漢字も少しずつ習っていくので基本的なことは学習していると考えて大丈夫です。

うちの子も学研教室へ通いかなりゆっくりペースで進んでいたので簡単な時計も読めるようになっています。

学習の進みは子供のペースがありますが、幼児だからこそ基礎は大事です。

やはり何度も同じ問題と繰り返す学習方法はとても素晴らしいと学研教室に通わせている親として実感しています。

うちはまだしばらく学研教室に通わせていこうと思っています。

簡単なアンケートに答えるともらえる楽天ポイントでお得に買い物ができちゃうのでお勧め!!

ちょっとしたおこづかい稼ぎができるので今すぐチェック↓↓

学研教室の口コミ幼児コースの評判は?教材の問題レベルはどのぐらい?まとめ

今回は学研教室の幼児コースの口コミや評判をまとめてみました。

ダメな教室へ通うと失敗する可能性もあります。

子供のやる気そのものを失ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びに来てくださいね。

■関連記事■

学研教室に幼児(年中長)を通わせた実際の感想と効果は?

学研教室の宿題の枚数と公文宿題を比較!子供にベストな宿題はのは何枚?

転勤族の幼稚園選び失敗しやすいポイントと決めては?コツ10選を伝授!

コメント

タイトルとURLをコピーしました