全国統一小学テストの難易度は?対策は偏差値の平均も徹底調査!

学研教室教育

今回、初めて四谷大塚の全国統一小学生テストを受けることにしました。

テストを受けるための対策もしておらず、子供の腕試し的な思いが強かったのですが、いざ調べると難易度高いとか、対策しないとボロボロの結果になると書かれていて焦ってきました。

そこで今回は

  • 全国統一小学生テストの難易度は?
  • テストの対策で気をつけることは?
  • 全国統一小学生テストの偏差値は?

について調べてみました。

全国統一小学生テストの難易度は?

学研教室

テストを受けてみて、結論を先に言うと、「全国統一小学生テストの難易度はやっぱりレベルが高い」というのが感想です。

普段学校のテストで満点を取れているならば、特に対策をしなくても全国統一小学生テストで平均点はとれると言われていたのですが、いい点をとるには読解力が必要と感じました。

四谷大塚といえば中学受験する進学組が通う塾として知られています。

大手塾が開催する四谷大塚主催のテストなら難易度が高そうですし、子供の実力を知るにはいいチャンスと思って受けさせたのですが、我が家の子供には難しかったようでした。

正直、最初は誰でも無料で受けることができるので、軽い気持ちで子供に受けさせようと思ったので点数なんて気にしない!

と思っていました。

が、申し込んだ後にテストを受ける会場(塾)から確認の電話がきたんです。

その時に、「全国統一小学生テストは難しいので対策をした方がいい」と言われたんです。

管理人
管理人

そんなに、難しいの?

我が家の子は学校のテストで満点は取れず、漢字も間違えが多く、計算ミスも多い。

最初は、対策授業は受けないつもりで申し込んだのですが、無料で授業してもらえるので受けることにしました。

全国統一小学生テストの問題レベルは?

学研教室,公文

全国統一小学生テストの問題の傾向をしらべてみると、やっぱり何かしらの対策はした方がいいなという感じです。

  • 基本問題
  • 難問問題
  • 超難問問題

最初は比較的簡単な問題が多いのですが、だんだんと難しくなっていき最後はかなり難しいレベルの問題が出題されます。

難関中学の受験問題ぐらいの難しさだという。

今回、全国統一小学生テストを受けるために口コミを調べたんですが、

「相当、地頭が良くないと難しい」

という口コミも発見して、こりゃまずいかもなんて思ってます。

低い点数だと落ち込む子供が多いようなんです。

落ち込んだ後やる気になれば結果オーライなんですが、そのままショックを受けて勉強が嫌いになったら親としてかわいそうな事してます。

やや不安はありますが、「腕試しの気持ちで受けて来い!」と言いたかったのですが、テストは対策をしないと難しいと聞き、正直ビビってしまいました。

対策はやっぱり必要かな?

全国統一小学生テストは対策が必要?

全国統一小学生テストは学校での授業がしっかり理解できていて、テストでも満点が取れているなら安心していいレベルです。

塾に通っている子も通っていない子も受けるテストですから、単純な問題から幅広い範囲で出題されているということです。

算数に関しては、基本問題は基礎中の基礎。

とは言っても、長めの文章問題も出題されるので、ひねった問題が出ると予想して、文章を読み解く力などが必要になりそうです。

自信のない我が家では、基本問題で点がとれるかとれないかにかかっているといっても過言ではないようなんです。

とはいっても難関問題や超難関問題が出るので、点数を取りたいならやはり対策は必要と感じます。

では、実際にテストではどんな対策をすると良いのでしょうか?

気をつけるといいのでしょうか?

調べてみました。

全国統一小学生テストで気をつける事は?

単純ミスをしない

算数なら基本の計算問題のミスをなくす。

国語なら漢字の読み書きの間違いをしない。

など、単純な問題でつまづくことがないようにしたいです。

文章問題など難しくなってくると、なかなか点をとることは難しくなりそうです。

単純ミスをしないようにですね。

問題をきちんと読む

意外と問題を良く読んでいない子が多い気がします。

わが家の子供もそうですが、「意味わかんない」と聞いてきます。

私が問題を読んでる途中に「分かった!」ということが多いところをみると読んでいないんですよね。

文章問題に多いですが、何を求めているのかを理解していないということです。

ひとつずつ頭で整理するなり、紙に書くようにして考えるくせをつけた方がよさそうです。

時間内に解くことが大事

全国統一小学生テストの制限時間内にできれば全問終わらせたいところです。

1教科が40分ですが、計算や文章問題の1問に時間を取られないように時間配分を心がけたいですね。

出来ない問題を必死に解くのではなくて、出来る問題から攻めていく。

穴埋め形式で問題を解いていった方が効率がいいと思います。

それで、対策をした結果全国統一小学生テストの平均ってどのくらいなのでしょうか?

偏差値、偏差値というけれど、偏差値はどのくらいあったらいいのかよくわからないんです。

ということで、全国統一小学生テストの偏差値を調べてみました。

全国統一小学生テストの偏差値の平均は?

学研教室

全国統一小学生テストの偏差値を調べてみると、無料なのでいろんな子が受けるという所がポイントのようです。

誰でも受けるテストと考えると、おのずと偏差値にズレがありますよね。

ちなみに四谷大塚主催の全国統一小学生テストの偏差値でいうと、

  • 偏差値60以上は、学校の授業に十分ついていけてると判断していいレベル。
  • 偏差値40台は基礎的な学力をもう少し上げたいレベル。
  • 偏差値50台は可もなく不可もなくというレベル

何を基本軸にするかになりますが、中学受験するのかしないのかによって安心していいレベルの偏差値なのか変わってくるでしょう。

  • 中学受験するレベルの高い子ばかりが受けるテスト
  • 中学を受験しないから対策をしていない子も一緒に受けるテスト

中学を受験する子の全国統一小学生テストの偏差値50だった場合には受験組での偏差値では40とか下の方になるというお話もあります。

出来る子には簡単なテストでしょうが、わが家は中学受験を考えていないので、「まずは己の学力を知れ」という所から入っているので偏差値40とかあり得そうで怖いです(学力をもう少し上げたいレベル笑)

最近、ドラゴン桜2の勉強法がストンを腑に落ちてから勉強に燃えています。(私が)

「東大で何がしたいかではなく、東大へ入ってから考える」は名言ですね。

全国統一小学生テストで偏差値が60あればまずは学校での授業にしっかりついていけているし、理解もできているので安心レベルです。

まとめ

とにかくできる対策と子供たちにテストを受ける心構えをさせるのがまず最初ですね。

テストの点数が悪くても、受験のように緊張感をもてたことがいい経験だと私は思っているので毎年受けさせたいなと思っています。

願わくば、点数が悪くて悔しい気持ちを持ってもらえるとテストをうけた意味があったのかなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

こちらの記事も読まれています

コメント

タイトルとURLをコピーしました