全国統一小学生テストは意味ない?受けるメリットはあるの?

学研教室教育・通信

年に2回無料で受ける事ができる全国統一小学生テストは受ける意味はあるのでしょうか?

我が家の子供たちは、テストをはじめてうけた時は惨敗だったのでリベンジの気持ちもあるのですが、正直また受ける意味ってあるのか疑問に思ったんですね。

塾の先生に聞くと受けた方がいいと言われるけど口コミでは否定的な声も多いです。

そこでこのページでは全国統一小学生テストは本当に受ける意味があるのか?

についてご紹介します。

こんなあなたに見てほしい全国統一小学生テストってどんな子がうけているのか?

受けるメリットは何か?

それではご紹介しますね。

全国統一小学生テストを受ける意味は?

全国統一小学生テストは受ける意味ないって思っている人もいます。

受ける受けないは、最後は家庭の判断によりますが、受けたい気持ちがあるのなら受けた方がいいと私は思っています。

ちなみに、どんなことにも絶対意味があるって私は思っているので受けていますよ。

しかも無料ですから(笑)

それで、話しを戻して意味がないと思うネットの声でよくみる口コミ(理由)をご紹介すると、

  • 塾に勧誘しやすくするために開催されているイベント
  • 中学受験生はそもそも受けない

なんて声が本当に多いんです。

これって本当なのでしょうか。

①塾に勧誘しやすくするために受けさせている?

確かにテストを受けたということは、少なからず勉強に力を入れている家庭が多いです。

なので塾側も勧誘しやすいことはあると思います。

塾から有名中学や、高校、東大に合格者が出たとなれば、入塾希望者も増えますから。

ですが、今はしつこい勧誘ってあまりきかないですよね。

情報は共有される時代なので、安易にしつこくすることはデメリットしかないです。

②中学受験生はそもそも受けない?

中学受験組はそもそも全国統一小学生テストを受けないと言われています。

つまり、中学受験する子にとって全国統一小学生テストは簡単すぎるということなんです。

できて当たり前なのでそもそもが受ける意味がなくて、もっとレベルの高い中学お受験が受ける模試を受けるそうです。

たしかに全国統一小学生テストは無料なのでいろんな子が受けるので偏差値はあてにできないですね。

全国統一小学生テストを受けるメリットはある?

全国統一小学生テストを受けるメリットといえば、全国でみた時の子供のレベルが理解できるということです。

その結果から苦手とする分野が分かるので、今後の対策に使えます。

他にもいろいろとメリットはあります。

  • 緊張感のあるテストを受けることが刺激になる
  • 学校のテストとは違う変わった問題
  • 時間を意識させる

学校とは違う環境や先生がいるってやっぱり緊張します。

本番で慌てずに落ち着いて問題を解くことができるってやっぱり場数をこなしてないと難しいと思うんです。

テストの緊張感に慣れるだけでも本番でミスがないように思います。

全国統一小学生テストは意味ないのSNSの声は?

正直に言って、全国統一小学生テストを受ける時期で年長や小学1年生はあまり意味がないと思います。

勉強も簡単で比較的に点がとりやすいし、スピードは重要ですが、偏差値は今後絶対に変わりますよね。

受けるなら、基礎を学してきた小学3年生や4年生の少し応用が難しくなってきた頃に、子どもの学力を知るために受けてみるのも新鮮で楽しいかもしれませんね。

全国統一小学生テストは何回うけても無料?

全国統一小学生テストは無料で受けることができるから受けているだけの私のようなタイプは、2回目はお金がかかるのか?

と心配になりますが、全国統一小学生テストは何度でも無料です。

年に2回、6月と11月にあるので毎年受けても大丈夫ですよ。

全国統一小学生テストの偏差値って結局レベル高いの?

全国統一小学生テストの偏差値って結局のところ高いのでしょうか?

それとも低いのでしょうか?

全国統一小学生テストの問題は基礎がわかっていれば、解ける問題が多いです。

なのでどのぐらい子供が理解できているかによると思います。

しかし、そもそも問題の意図がわかりずらい書き方が多いので、そういう意味でいえば難易度は高いです。

全国統一小学生テストで一番に注意することは?

全国統一小学生テストで一番に注意することは、時間配分に注意することです。

時間のわりには問題数が多いですし、国語の文章問題がえげつないです。

制限時間が40分しかないのに、問題の数が多いので最後まで解けないで終わってしまう子も少なくないです。

理科と社会に関しては20分しかないです。

特に我が家の子供は遅すぎでしたが、時間が全然足りなくて半分程度しかとけていません。

制限時間にたいしてあの量の問題は、普通の子だったら「えー!」って焦ります。

まとめ

今回は全国統一小学生テストの偏差値は高いのか、教科ごとにまとめてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

▼関連記事▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました