夏キャンプの暑さ対策グッズを100均で調査!扇風機は必要?

夏キャンプ旅行・アウトドア

最近のキャンプブームでキャンプをする方が増えていますよね。

キャンプは、冬の寒い時期より夏の暑い時期の方が過ごしにくいというのはご存知でしょうか。

 キャンプ時期の夏は30度を超える暑い日が続きますが、楽しいキャンプで熱中症になっては大変です。

暑さ対策をしっかりとしてキャンプへ出かけましょう!

夏のキャンプの暑さで注意することは熱中症!

夏は日差しが強く、気温が高いため熱中症になりやすいです。

ですから、夏キャンプで注意することはまず「暑さ対策」です。

他にも、自然の中を満喫するのがキャンプなので虫にも気を付けたいですが、今回は夏のキャンプを安全快適に過ごすために気を付けておくポイントを紹介します。 

  • テントの設置場所
  • 水分補給
  • 体温調整

これらに注意すれば、比較的快適に夏キャンプを楽しめるでしょう。

では詳しくご紹介します。

テントの設置場所は『ひなた』を避ける

夏キャンプ

テントを設置する時はひなたを避けるようにしてください。

理由は、テントが直接日光を浴び続けるとテント内の気温が上がりどんどん暑くなるからです。

私も夜寝るときになってからテント内が蒸し風呂状態で全然寝れなかったという失敗経験があります。

たくさんの葉で日陰になる大きな木の近くや、風通しの良い涼しい場所を探してテントをたてるようにしています。

けれど、キャンプ場によっては日陰がない場合もありますよね。

そんな時に便利なのが『タープ』です。

タープで日陰をつくる

夏キャンプ

できるだけ涼しく過ごすためにタープを使うことをおすすめします。

タープとは、柱やロープを使い布を張る屋根のものです。

日差しが強い夏場のキャンプでは、タープを張ることで日陰を作ることができ快適に過ごすことができます。

また、休憩スペースや荷物置き場にも使えるのでとても便利です。

最近はテントと一体型になっているものも売っているので自分に合ったタープを探すと良いでしょう。

とはいっても、夏キャンプは汗がふき出してきますから熱中症対策で水分補給はとても大事です。

こまめに水分をとる

熱中症対策の基本は水分補給です。

飲み方にも注意が必要で、喉が渇いたからと一気に大量の水分を飲むと体液が薄まりナトリウム不足になり、最悪は水中毒になる可能性もあります。

ですから水分はこまめにとるようにしてください。

また、キャンプはテント設置や料理や散歩など動くことが多いので普段よりもたくさん汗をかきますので水分も多めに、一人につき2Lほど多めに持って行くと安心です。

キャンプ場に売店が無い場合や周りにスーパーやコンビニなどが無い場合もあるので、事前の買い出しの際にしっかりと買っておくと安心です。

さらに、できるだけ冷えた状態を維持したいのでクーラーボックスに保冷剤や凍らせておいた食材をいれて前もって冷やしておくことも忘れないようにしてくださいね。

そんなクーラーボックスの中にそっと忍ばせておくとキャンプ場についた時の体温調整に使えます。

冷却タオルなどの体温を下げるグッズ

キャンプで上がった体温を下げるグッズとして役立つのが、冷却タオルなどの暑さ対策グッズです。

日陰にいても暑い夏の時期、今は熱中症や暑さ対策のグッズがたくさん売られていますのでそれらを活用しましょう。

夏キャンプを快適にしてくれる暑さ対策グッズは100均でもそろえることができるのでご紹介しますね。

夏キャンプの暑さ対策は100均で揃う?

熱中症対策や夏のキャンプを快適に過ごすのに重要なのが冷感アイテムです。

今では100円ショップでも便利な冷感アイテムがたくさん売られています。

その中でも特に便利なアイテムを紹介します。

 

クールタオル

水に濡らすだけで冷たくなるクールタオルは体温を下げる効果があるのでおすすめです。

首や腕など太い血管が通っているところを冷やすと体全体を冷やすことができるので、首に巻くとよいでしょう。

100円ショップで売られているものは薄くてコンパクトになるものが多いので持ち運びにも便利です。

UVカット機能がついているタオルもあるので同時に日焼け対策もできるものもあります。

冷感スプレー

スプレーすることで素早く手軽に涼しさを感じることができます。

注意するのは、肌に直接かけるのではなく服の上からスプレーすることです。

脇や足など服を着たまますぐに冷たく感じることができ、暑い時はとても気持ちが良いです。

香りつきのものや持ち運びに便利な小さめのタイプも売っているので自分の目的に合ったものを選ぶことができます。

ボディシート

夏のキャンプはなんといっても汗をたくさんかきます。

でもキャンプにお風呂が無い場合やいちいちシャワーに入るわけにもいきません。

そんなときボディシートで体を拭くとスッキリして快適に過ごすことができます。

100円ショップのボディシートは色々な種類があります。

涼しさを感じるならメンソール入りのものがおすすめです。

他にもローズやソープの香りがついたものや、サラサラパウダー付のものまであります。

うちわやコンパクト扇風機

うちわで仰ぐだけでも風を感じることができ汗が冷え涼しくなります。

100円ショップには、扇子やうちわがたくさん売られているので自分の好きな物を選ぶことができます。

ポケットに入れられるような折りたたみ式のものもあります。

しかしずっとうちわろ仰いでいるのは大変です。

そんなときはコンパクト扇風機を活用しましょう。

100円ショップにもコンパクト扇風機が売られています。

100円なので手動になりますが、それでも結構涼しいですよ!

他にも100円では無いのですが、300円~1000円ぐらいでUSBにつなぐタイプや、スマホに差し込んで使うタイプのミニ扇風機が売られているので買いやすいと思います。

歩きながらでも使える扇風機はキャンプ以外でも活躍するので買っておいても損はないですね。

夏キャンプの暑さ対策で100均の扇風機で効果は?

夏のキャンプで扇風機は暑さ対策にとても活躍します。

自然の風が吹いて涼めれば良いのですが、天気が良いとなかなかそういったいい風が吹くことがないので、とても暑苦しいことが多いです。

絶対必要というわけでは無いのですが、暑がりだったりベタベタするのが嫌なら扇風機はあったほうが断然快適に過ごすことができます。

100均でおすすめの扇風機を紹介します。

首からかけるタイプ

歩きながらやテントを張ったり、料理など作業をしながら使うことができます。

冷感タオルと併用して使うとより涼しいのでおすすめです。 

クリップ型

クリップをテントやタープのポールに挟めて使います。

クリップ型なので空気を上のほうから回すことができます。

空気が循環するので、テント内がサウナ状態になるのを防ぐことができます。

小さなタイプだと100円ショップにも300円~ほどで売っているので手軽に活用することができます。

置き型USBタイプ

置き型なのでテーブルの上や足元に置いておくだけで涼しく感じられます。

また、USBタイプなのでバッテリーを持っていけば電池や充電を気にせず使うことができます。

300円~から売られていますが、手持ちや首からタイプにくらべ大きめのものが多いので同じような値段なのですが、風量はこちらのほうが強いのですぐに汗をひかせることが出来たり、空気を循環させることができるのでおすすめです。 

また、100均の小型では物足りないという方は家庭用の扇風機を持っていくことをおすすめします。

電源が無いキャンプ場でもポータブルの電源があれば、使用できます。

普通の大きさなので、すぐに空気が回り短い時間でテント内が涼しくとても快適です。

でも、大きいし、それでなくても持ち物が多くなる夏キャンプなので車に積めないという事もありますよね。

そんな時コテージに宿泊するとエアコンが完備されているのでとても涼しいです。

コテージにとまるなんて、それはもうキャンプじゃないという声もありますけど、私は夜快適に寝たいというのが本音なんですけどね。

では、最後にキャンプ場選びのポイントをご紹介します。

夏キャンプでキャンプ場選びのポイントは?

夏キャンプでのキャンプ場選びは暑さ対策でとても重要です。

ポイントを紹介します。

なるべく標高が高い場所

夏キャンプ

平野より気温が低くなる標高が高い場所を選ぶようにしてください。

標高が1,000m上がると気温はなんと6度ほど低下する言われています。

ですから、なるべくなら標高が高めのキャンプ場を選ぶと夏のキャンプは快適に過ごすことができます。

体感でも全然違うのでキャンプ場を探す時は参考にしてみてくださいね。

ちなみに、標高が高いと昼と夜の気温差も大きいです。

肌寒い時にパーカーやジャンパーを持っていくなど、もしもの時に寒さ対策ができて安心ですね。

林など木陰のある場所

標高が高くても、木陰の無い芝生の場所だと直射日光に照らされ続けるのでとても暑いです。

林や大きな木の陰など直射日光をできるだけ避ける場所を選ぶと良いです。

川や湖畔に近い場所

川や湖畔サイトなど水に近いとそこから涼しい風が吹き快適に感じます。

また、足だけでも水に入るだけでも体の熱を下げてくれるので熱中症対策にもなります。

子どもと一緒にキャンプ場に行く場合は、昼間の暑い時間に快適に遊ぶことができます。

暑い時期を避ける

夏キャンプへ行く時期をずらすものありですね。

熱中症となる暑い時期は7月後半から8月いっぱいで、9月に入ると朝晩は過ごしやすくなってきます。

夏の時期にキャンプへいくのはお盆頃が一番ピークでしょうし、その分繁忙期なので料金もお高めです。

時期をずらしていくと暑さを回避して過ごしやすいキャンプが楽しめそうですね。

夏キャンプまとめ

夏はキャンプをしたくなるシーズンではありますが、暑さに十分に注意しなければなりません。事前にしっかりと対策して夏のキャンプを楽しみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また遊びにきてくださいね。

▼関連記事▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました